飼わなければいいじゃない

ペットショップってやっぱり「悪」以外の何ものでもない。

 

某ペットショップでは

猫さんのところに

「爪なしなのでお子様にも安心、家具も傷つけにくいです」とのキャッチコピーが。

 

どういうことかって

人間でいう手足の指の第一関節から骨ごと切り落とすのと同じ事を猫にもしているんです。そりゃ爪生えんわな。

 

これ、あまりにも残酷過ぎるので違法とされる国もあるんですよ。

 

虐待でしょう。

そうまでして売りたいか。

そうまでして買いたいか。

命を何だと思っているんだ。

 

爪が出るのは「猫らしさ」なんじゃないのか。それが嫌なら飼わなければいいじゃないか。

 

こういうことを平気でする人間がいるんですよ。

 

実際何度か私も会っています。

 

お店のお客さんでも

譲渡会場でも

 

「こどもを傷つけたくなかったから手術したの~」

 

「家具を傷つけてほしくないので、爪落としてから譲渡してほしい」

 

正直、涙が出るくらい腹がたちます。

同じ事をしてやりたいと思います。

 

私もペペちゃんはペットショップで買って

その事にちっとも後悔はしていないけど、

それでもやっぱり、繁殖業者や、引き取り屋の事を知ってしまうと、ペットショップなんて絶対に要らないし、完全な「悪」だと言い切れます。

 

「命」は

売るものでしょうか。

買うものでしょうか。